ブログ

リサイクル業の悪徳業者を見極める

私たちが家庭で使用したテレビ、エアコン、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品を買い換えるときにこれまで使用していた家電製品は当然不要になるわけですが、不要になったからといって通常の可燃物や不燃物などと一緒に捨てることは出来ません。
私たち自身では処分することは出来ずに処分する際には家電販売店などに持込か回収を依頼してリサイクル料金をそれぞれ払わなければなりません。
回収を依頼すれば運搬料も発生します。
料金は家電製品の種類や大きさそして重量などによっても変化しますが概ね家電製品1つ当たり3000〜5000円程度かかります。
これに自宅からの回収を依頼すれば運搬料金が3000円程度発生しますので、家電製品をまとめて買い換えようとしたり建て替えや引っ越しを機会に家電製品を処分しようとすると相当の出費になります。
そこで家電製品を処分をする際になるべく安くあるいは買取をしてくれないかとリサイクル業などに家電製品のリサイクルをお願いする方もいると思いますが、リサイクル業の悪徳業者の甘い言葉にのってしまい法外な回収料金を請求されたり、回収・リサイクルではなく不法投棄をしてしまう悪徳業者もいるので注意が必要です。
恐らくあなたの家庭のポストに「不要な電化製品を無料で回収します」とか「不要な電化製品を高価買取します」などとかかれたチラシが投函されていたり、軽トラックでその様な事を言いながら家庭を回っているリサイクル業の車を目にされたことがあるのではないでしょうか。
もちろんこういったことをしているリサイクル業のすべてが悪徳業者というわけではなく、誠実に対応して家電製品を回収してくれるリサイクル業もあります。
ですのであなたがこういったリサイクル業に家電製品の回収を依頼する際には自分自身でそのリサイクル業が悪徳業者か否かを見極めなければなりません。
安心できるのはきちんと店舗を構えていてお店に関する情報、たとえば住所、電話番号やFAX番号などがきちんと公表されている業者です。
もしなにかトラブルなどがあれば連絡がつくようになっていることは重要です。
あとはインターネット上にホームページを出していてリサイクルに関する情報がきちんと掲載されているリサイクル業なら安心して任せられるのではないでしょうか。
その他リサイクル業の方の態度、口調や行動など人として誠実かということも判断基準になります。
家電製品の回収をリサイクル業に依頼する際にはあなたの目でしっかりとリサイクル業の悪徳業者を見極める必要があります。

家電リサイクル法対象商品の処分方法

http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000045132.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


* * * * * * * *



横浜市・川崎市を中心に出張買取するリサイクルショップ│神奈川リサイクルジャパン
ページ上部へ戻る